おでこの植毛手術の難しさ

###Site Name###

おでこが広いという印象を払拭するために、無理やりまだ生えている前髪や側頭部の髪の毛で生え際を隠そうとしている男性は多いのですが、おでこの生え際が後退しているのは誤魔化そうとすれば誤魔化そうとするほど、違和感のある仕上がりになりやすいため、確実に髪の毛を増やしたほうが根本の原因から改善するためには自分の髪の毛を植毛する手術が適しています。

しかし、おでこの生え際の辺りは富士山の形のような緩やかなカーブを描いているので、まっすぐに髪の毛を植え込んでしまうと不自然さが残ってしまいます。



そして、太い髪の毛と細い産毛が入り混じって生えている場所のため単純に自分の髪の毛を植毛する手術で髪の毛の密度を高めさえすれば良いのではなく、抜けてしまう前に生えていた髪の毛の流れや頭皮との角度に沿った形で髪の毛を植え込む必要があります。



自毛植毛手術の経験が浅いお医者さんによる植毛手術は不自然な仕上がりになってしまい、おでこの生え際の広さが治ったとしても違和感は依然として残ってしまいますので、自毛植毛手術を決意した場合はクリニックやお医者さんを選ぶときに慎重に検討をして行う必要があります。



手術経験の豊富な大手のクリニックでは、大抵初回限定ではありますが無料のカウンセリングサービスを提供しているところがほとんどですので、一度無料のカウンセリングを受けてみて、その場で執刀医の手術経験などについても尋ねてみるのも良い方法の一つです。